読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまさんの読書ブログ

やまさんが本の紹介したり音ゲーの話したり話をするブログでした。また更新し始めるかもしれません。


読書日記 ブログランキングへ ←暇ならクリックしてね

ども。

 

今日は謎のテスト。と避難訓練

 

謎のテストは知りません。

習ってないところが範囲なんてもろに私ゲーじゃないですか。地知識勝負。

いらえ、とかナチュラルで知ってる人がいるのかどうか。

ちなみに感じで書くと「応え」です。こたえること、つまり返事をすること。

60分の試験三つで合計45分問題解きました。後は寝てました。

見直ししたんですけどね。不思議だ。

 

そのあと避難訓練

うちのクラスは実に39人が焼死しました。

予測可能回避不可能。

直前まで笑顔でヘッドロックかけてた先生が校庭で怒鳴るのには驚きました。あの人そんなに声出たんですね。

いろんな意味で後二年間、あの人の担任が楽しみです。

高一の時は割と雲の上の人でしたけど。

 

そのあと図書部へ。

新入生勧誘の資料をば。

色々考えるけど思いついた瞬間頭の中で否定が3つぐらい思い浮かぶ光景。

脳内会議室は今日もネガティブ振りです。

新入生、来てほしいですね。下級生が私一人はさびしいです。

 

 

殺人の歴史 (「知の再発見」双書154)

殺人の歴史 (「知の再発見」双書154)

 

 知の再発見双書。好きなシリーズです。

こんなテーマがあったりして面白いんですよ。

後は吸血鬼伝説があったりアラビアの歴史があったりモンサンミシェルがあったりチェ・ゲバラがあったり。いい感じに「雑学」。

私の脳内も割とこんな感じなので好きです。すぐに覚える。

 

この本は、殺人の歴史についてです。当たり前か。

殺人是か非か、ではなくあくまで人を殺す、ということについて。

どんな殺人犯がいたのか、どんな事例があったのか、サイコキラーとマーダーはどう違うのか、捕まるとどうなったのか、etc

割とタブーっぽい、人前で話すと目をゆがめられそうな話でも載せてくれるのがありがたいです。

もっとも、この本は日本語訳のようですけど。それを探してくるセンスも好きです。