やまさんの読書ブログ

やまさんが本の紹介してるブログでした。いまもしてます。


読書日記 ブログランキングへ ←暇ならクリックしてね

2017年の12冊・1月編 

ども。

 

交信が途絶えようともなんとか読書は続けています。

日常が忙しすぎて更新どころじゃないですね。

まぁ花の大学生だから仕方ないか。って感じです。人生の夏休み。休みが忙しいとは。

 

しかし、こんな今考えてみると、

毎日更新してた中学生の頃の自分、

どうかしてたのでは?

 

さて。

今年こそ読んだ本の記録もかねて更新したいと思います。

読んだペースだけなら一日3冊くらいは維持してるんですけどね。

果たして毎日書くのやら。

 

 

とりあえずは1月前半、去年読んだ本から12冊。1か月ごとに1冊。では早速。

 

1月。

 

夜をとめないで

夜をとめないで

 

 

しょっぱなから漫画かよ。別に悪いことでもないんですけど。

1月はそもそもあんま本読んでなかったんですけど、

それでも一番印象に残ってたのがこの本でした。 

 

恋愛マンガ。です。少なくとも自分が読むイメージはなかったんですけど。

きっかけは表紙でした。有名なヴィレヴァンの黄色地ポップの横にあったから余計、かもしれません。もしかして狙ってたんだろうか。

中身の話は普通の、不器用ですこし哀愁漂う大人の恋愛話って感じでした。叶う恋あり敵わぬ恋あり。ハピエンありメリバあり。

とにかく絵が美麗なんですよね。色使いも幻想的できれいで。

色が伝わってくる漫画ってあんまりないんですけど、この本は見ててありありと色が思い浮かびます。

そして顔。顔の描き方がめっちゃ好き。大人の人の顔には独特の輝きと影とあって(個人調べ)それがありありと伝わってくるんですよね。本と同じただの黒インクなのに、黒い文字では書けない複雑さが、深みが、

自然に伝わってきて、素直に受け取れます。