やまさんの読書ブログ

やまさんが本の紹介したり音ゲーの話したり話をするブログでした。また更新し始めるかもしれません。


読書日記 ブログランキングへ ←暇ならクリックしてね

7冊

ども。

 

あけまして更新ですね。今年もよろしくお願いします。

安定の書くことのなさ。今年の抱負でも書いたらいいんでしょうか。

 

・図書部

とりあえず自分からしゃべりかける。

あまりしゃべらない、じゃ何もできないし。

・図書サークル

新入生勧誘しますか?とりあえず活動を全うすること。

すこしぐらい活動したい。

囲碁

もっと参加します。今年は。

習ってた時はアマ9級相当だったからせめてそのぐらいまでは戻しておきたい。

宗教部

とりあえず参加します。昼休みで済みますように。

今年も作業多いだろうけど、できるだけ参加します。

・クイズサークル

サークル一つの制限どうにかなりませんかね。なったら本参加します。

Black茶柱にクイズ力をぬかされないようにがんばる。

 

こんなもんですかね。各所属の方、今年もよろしくお願いします。

え、自分の抱負ですか・・・特にないですね。

勉強頑張るみたいな月並みなことしかないです。

読書ぐらいですかね。毎年通り。

今年はタイトルをつけてみることにしました。累計の読書冊数です。

 

さて、今年初めて読んだ本は・・・?

 

三匹のおっさん (文春文庫)

三匹のおっさん (文春文庫)

 

 この本でした。理由は本棚みてて目についたからです。

これ何てジャンルなんだろう。強いて言うなら勧善懲悪に近い・・・?

定年を迎えて暇になった、表紙の三人が町内の平和を守る、ことをしようとして集まった「三匹のおっさん」。

結成して見回りをしていたらすぐに痴漢にあったり、といろんなことがありますが。

三人それぞれの得意分野を生かして解決していきます。

勧善懲悪(?)なのは、「これにてー一件落着!」みたいなノリにならないことですかね。ノリ、じゃなくて展開でいいんだろうか。

完全に相手が悪い、そして懲らしめるじゃなくて自分たちも二度と起こらないよう努力をする。みたいな。

元々勧善懲悪は人気のジャンルなのに、それに平和的、日常的、実現的な要素が入ったらそりゃ流行りますよね。

というわけで第二巻、『三匹のおっさん、ふたたび』も発売中です。

有川浩さんの本も多分まだ読んでない作品があるはずなんですよね。

ペース的に、多分何か一冊のがしてる。はず。